インプラント

インプラント

インプラントとは?

今まで歯が原因であきらめていた事が、インプラントによって可能になります。

食事をおいしく食べられることができ、趣味にも積極的に取り組め、友好関係も広がり、あなたの生活が豊かなものになります。

インプラントの長所(メリット)

限りなく天然歯に近い"噛み心地"
インプラント治療の仕組み自体、従来の治療法に比べ天然の歯に近い構造をつくりだすため、固い食べ物や粘性のある食べ物もおいしく食べることができ、歯を失う前の活発な生活が取り戻せます。
"一本だけ"から"全歯"まで治療が可能です
インプラントは残っている他の歯に負担をかけず、欠損部分だけを補うことができる治療方法です。
入れ歯には無い美しさ
インプラントは見た目が自然で、入れ歯のような金具が露出した部分がありません。大きな口をあけて笑っても他人に気づかれることはありません。
色も形も自分の歯に近づけた形態にできる
噛む力、機能が自然の歯にほぼ近い
ブリッジのように隣の歯を削らずに済む(他の歯を壊さずに済む)
入れ歯のような取り外しの煩わしさがない

インプラントの短所(デメリット)

誰にでも適応する治療ではありません
インプラントは外科手術が必要な治療ですので、誰にでも治療ができるわけではなく、重度の歯周病や糖尿病の方など、インプラントができないケースがあります。
長期的な治療期間をともないます
インプラントは1次オペと2次オペの2回に分けて施術するケースが多く、また、人工歯根と顎の骨が結合するまでに時間がかかるため、治療完了までの期間が他の治療方法に比べて長くなります。
保険外治療のため、治療費が高めになります。
インプラント治療は自由診療となりますので、100%自己負担となり、保険適用の治療に比べて治療費が高くなってしまいます。
外科処置が必要であり、そのためのしっかりとした術前の診査、診断が必須
他の歯も含め、口腔内全体の治療もしっかり行い、清掃状態を徹底させなければ、天然の歯より細菌感染に弱い
そのため生涯、定期的なケアが必要
自由診療のため費用がかかる

インプラント治療の種類

従来の治療法(ブリッジ)
両側の健康な歯を削る必要があります。
インプラント治療
健康な歯を削ることなく、天然の歯と区別がつかない歯並びを再現できます。
従来の治療法(部分入れ歯)
金属のとめ具などに違和感を感じ見た目もよくありません。かたいものが安心して食べられません。
インプラント治療
とめ具などを使わないため口の中に違和感を感じません。しっかり固定されているので硬いものを食べても安心です。
従来の治療法(総入れ歯)
ガタつきがあると安心して食事ができません。入れ歯がずれて食べ物が内側に入って痛くなることがあります。
インプラント治療
自分の歯のようなしっかりとした噛み心地で安心して食事ができます。入れ歯のように外れる心配もありません。
従来の治療法(入れ歯安定剤・入れ歯の作り直し)
入れ歯安定剤では、人前で外れるなどの不安があります。総入れ歯の場合、あごの骨がやせて入れ歯があわなくなることがあります
インプラント治療
入れ歯の支えにインプラントを使うことで、入れ歯が外れたりガタつくことがなくなり口元に安心感がもてます。

インプラントQ&A

インプラント治療に年齢制限はありますか?
個人差はありますが、骨の成長がほぼ終了する最低16歳以上で、医学的、解剖学的に条件が、満たされている限り、どなたでもインプラント治療を受けることができます。
インプラントの手術は痛いですか?腫れますか?
口の中だけの局所麻酔をするので、手術中の痛みはありません。ただし、麻酔が切れてからは傷口の痛みが全くない訳ではありません。手術後に痛みや腫れが出る場合がありますが通常はすぐに治まります。
手術後のお口のお手入れはしなくて良いのですか?
必要です。インプラントの寿命はお口のお手入れの状態で決まります。歯ブラシだけでなく、補助的な清掃用具(歯間ブラシなど)を必要とすることもあります。担当医や衛生士からお口のお手入れ方法の指導を受け、日頃の清掃に心がけて下さい。必ず定期検診を受け、担当医からチェックと指導をしてもらうことが大切です。
インプラントの治療費はどのくらいかかりますか?
インプラント治療は自費診療なので保健は適用されません。インプラントの本数や人工歯の種類、あなたのお口の状態によって異なります。詳しくは担当医とよく相談してください。
インプラントの治療期間はどのくらいかかりますか?
2回法の場合、顎の骨に埋め込んだインプラントが骨と結合するのに、個人差はありますが上顎で約4~6ヶ月、下顎で約2~4ヶ月ほどかかります。骨とインプラントが結合した後、頭出しの手術を行い治癒を待つのに約4週間。その後、上の歯をいれるための期間が約2週間かかります。
インプラント手術のために入院する必要がありますか?
インプラントを埋め込む手術は、麻酔を使いますが、通常は入院の必要はありません。手術当日に帰宅できます。
インプラントは以前の自分の歯と同じように噛めますか?
インプラントは顎の骨に埋め込み、骨と結合するため、自分の歯と同じようにかむことができます。
インプラントはどのくらいもちますか?
インプラントはチタン製で丈夫にできています。定期健診と毎日のお手入れ次第で長期間ご使用いただけます。

インプラント症例

インプラント前

インプラント後