歯科用CT

歯科用CT

より、現在の状態と治療の意味を理解していただくために

歯科用CTは従来のレントゲンとは異なり、3次元での画像解析がおこなえます。これにより、インプラント治療や歯周治療、根管治療などの幅広い分野において、他の病院に撮影を依頼することなく、当院のシステムだけで、精確で安全な治療がシュミレーションできます。

ただし、当院がCTを導入したのは、「治療の精度を上げる」ことだけを意図したものではなく、それ以上に、これまでおこなってきた治療内容を再検討することにありました。治療後のお口の環境を維持していくには、"だいたい"ではなく、これまでの治療の詳細がわかっていなければなりません。今の状態を正確に知ってこそ、今後患者さんに起こりうるリスクが予見できるからです。

より良い治療を実現するため、そして、具体的で分かりやすい説明をおこなうためのツール。患者さんの「なぜ?」を解消するべく、CTを役立てていければと考えています。

CTを応用したインプラント ガイデッドサージェリーの導入

CTの3D画像上でシュミレーションしたインプラント埋入ポジションのデータをもとに、実際のオペでその位置に確実に埋入できるよう、パソコン上で手術用ガイド(ステント)を設計し、そのデータを3Dプリンターで作成し、その手術用ガイド(ステント)をオペで使用し、シュミレーションと同じ位置にインプラントを確実に埋入していく手術を行くことにより、より精度の高いインプラント治療を実現します。

  • パソコン上で手術用ガイド(ステント)を設計
  • 3Dプリンターで作成した手術用ガイド(ステント)

おおくぼ歯科クリニックでは「Veraviewepocs 3Df」を導入しています

「ベラビュー エポックス 3Df」は、1台でパノラマ撮影、セファロ撮影、3D(CT)撮影が可能です。デジタルテクノロジーを駆使し、より少ないX線照射線量で撮影できる、3D撮影が可能なパノラマX線装置です。

さらに洗練された多彩な画像処理により、多角的な診断に役立つことが期待できます。簡単な位置付けと操作により、Φ40×H40mmの局所領域の撮影から、フルマウス対応のΦ100相当×H80mmの3D画像まで鮮鋭な画像を提供します。